8月30日、31日と、「まつりつくば2014」が開かれた。
2日間で30万人以上集まったと聞く。

大した話ではないが、癌が見つかって手術、身体に水が溜まって10kg以上の減量、続いて心臓の検査が続き手術。手術は脳と心臓の間のデリケートな場所で4時間を超える大手術だった。
術後は、50m歩くにも杖を使ってやっとで、ふらふら状態で、すぐに息切れした。

カナダからの廃水濾過装置の対応、国内も、佐賀から時間10t~20tの話に対応した。JAの研究所から時間3tの畜産用の濾過機の対応、佐倉市からは防災井戸の浄化、シンガポールの話、台東区の立ち会いと、何とかこなして来たが、ここ、半年間、歩けなかったが、
少しずつ体を動かして30日の新浦安本社の塗装も無事立ち会って、31日を迎えた。
DSC00331
DSC00327





疲れたらすぐに休めるよう、座椅子になるバックを担ぎ、祭りの会場までは車で送ってもらった。
果たして歩けるのか?おそる、おそる歩き始め、混雑して身動きがとれない箇所にも耐えて、小さく復活した記念の祭りになった。
病気になって励まされるが、何点か撮影したまつりの写真を添えて、近況報告に代えたいと思います。


DSC00337
DSC00323