皆さまこんにちわ!

今日は、最新鋭のハイブリッド仕様の大型浄水装置を納めた工事現場から、お伝えします!

竜ヶ崎飛行場1

竜ヶ崎飛行場7竜ヶ崎飛行場6竜ヶ崎飛行場7


春の寒気が迫る中、天気には恵まれましたが、強風で飛行機以外にもいろんなものが飛んで行きそうでした・・・汗

こちらの「新中央航空株式会社」では、新社屋になったのを機に、井戸水をきれいにして使いたいとのことで、浄水装置を納入しました。

装置前側             後側    
竜ヶ崎飛行場2竜ヶ崎飛行場3

扉あり
竜ヶ崎飛行場4竜ヶ崎飛行場5



今回の装置は、コンパクトに収めつつ、メンテナンスもしやすいように、背面同士をくっつけて設計されました。

ここの井戸水は、水質があまり良くなかったので、飲用にも出来て、航空機の洗浄にも使用するので、中途半端に綺麗にするよりROユニットと組み合わせたハイブリッド方式を採用しました。又、1トンのタンクを受水槽にして、金額が上がらないよう、バランスの良い装置に仕上げました。

装置の設計は、社長の水野が、製作は技術の上田が仕上げました。
設置工事は、8時半から5時までと決められていたこともあり、調整を含め3日かかりました。

基礎工事1基礎工事2基礎工事3

竜ヶ崎飛行場作業風景2竜ヶ崎飛行場作業風景3竜ヶ崎飛行場作業風景1

竜ヶ崎飛行場作業風景4竜ヶ崎飛行場作業風景5竜ヶ崎飛行場作業風景6

竜ヶ崎飛行場作業風景7
竜ヶ崎飛行場作業風景8竜ヶ崎飛行場作業風景9



工事中も、何回も飛行機が離着陸していました。私の中では、少しレトロなデザインの飛行機で、一度は乗ってみたいなと思いながら見ていました。

浄水装置も、順調に稼働するよう、今後もしっかり見ていきたいと思います。


文・写真:樋口